CATEGORIES
LINKS
<< ■ ガール 奥田英朗 | main | ■ 四季 夏 森博嗣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 春を嫌いになった理由 誉田哲也
photo
春を嫌いになった理由(わけ)
誉田 哲也
幻冬舎 2005-01

by G-Tools , 2006/04/30





フリーターの瑞希は、テレビ番組のプロデューサーである叔母の織江から、霊能者・エステラの通訳を押し付けられます。エステラは霊視を行い、スタッフはエステラの霊視どおりに白骨死体を発見します。霊能力を毛嫌いしている瑞希はエステラを信じられず、すべてがやらせなのではないか?と疑いながら、生放送の本番に臨みます。その生放送の最中に、エステラが「殺人犯がここにくる」という予言を行って、そして・・・

という瑞希の物語と並行して、日本で働くために密入国する、中国の奥地出身の兄妹の物語が描かれます。様々な困難を乗り越え、想像していたよりずっと暮らしづらい日本で、助け合って働く姿には胸を打たれます。

2つの物語が結びついたとき、すべての謎が明らかになります。なかなかこった構成で面白かったです。でも、ラストはちょっと急ぎすぎたかな?なんだか、ばたばたとたたまれてしまって、ちょっともったいなかったです。

この本は、そういう謎解き本であるだけでなく、瑞希のトラウマ克服本でもあります。彼女が霊能力というものを毛嫌いするのは、あるトラウマがあるからなのです。彼女はエステラの言葉をきっかけに、そのトラウマを卒業することができそうです。それはいいのですが、瑞希にはそっちじゃなくて別の方面で、もうちょっと成長してもらいたかった気がします。色んな意味で考えが甘く、子供っぽい人なんですよね。そして考えが甘いまま、叔母のコネで通訳の仕事につけてしまったわけで・・・最後まで、なんだか好きにはなれない主人公でした。中国人の不法労働者たちのほうが、ずっと魅力的でした。
| は行(その他の作家) | 08:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 08:59 | - | - |