CATEGORIES
LINKS
<< ● さよならの代わりに 貫井徳郎  | main | ● オテルモル 栗田有起 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
★ 図書館の神様 瀬尾まいこ 
4838714467図書館の神様
瀬尾 まいこ
マガジンハウス 2003-12-18

by G-Tools

バレー部の顧問になりたくて教師になったという、清、が主人公です。しかし清は、国語教師であるというだけの理由で、たった一人しかいない、文芸部の顧問をやらされることになります。

暗い過去を持ち、訳ありの恋愛をしているヒロインの、癒しと再生の物語です。そういう意味では、あまりにもありがちで、どこかで見たようなストーリーの小説です。それでも、ヒロインの性格が、他の類似品とは際立って違うし、ストーリーも面白いからいいんです。たった一人の文芸部員、垣内君もかっこいいし。

でも、私がこの本を特別に好きになった理由は、この本が、「本を読んでもいいんだよ」って言ってくれているからです。

さまざまな種類の娯楽があふれるようになった現代、「本を読む人」はたくさんの本を読むけれど「本を読まない人」はまったく本を読まない。そういう分け方をすれば、読書というのは、さまざまな娯楽の1つにすぎず、当然「本を読む人」は少数派で、大変肩身が狭い。しかも「本を読む人」には、暗い、孤独、地味、などなど、マイナスイメージがつきやすいので、学生時代は特に、なんとなーく肩身が狭かった。理不尽だ!

こんな、わたしの気持ちがわかる方は、一度お読みください。スカッとしますよ!
| さ行(瀬尾まいこ) | 23:43 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:43 | - | - |