CATEGORIES
LINKS
<< ■ シャングリ・ラ 池上永一 | main | ● 封印再度 森博嗣 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 女王様と私 歌野晶午
4048736280女王様と私
歌野 晶午
角川書店 2005-08-31

by G-Tools

真藤数馬44才。ロリコン、オタク、パラサイト。ほぼひきこもり。「妹」の絵夢と、2人だけの妄想の世界で生きています。この「妹」、実はフィギュアなのですが、彼は「妹」の魂がそれに宿っていると本気で信じているので、「妹」を人形だと言われると怒ります。

そんな数馬が、来未ちゃんという美少女(=女王様)と出会い、社会との接点を見つけ、ひきこもり卒業への足がかりをつかむのですが・・・

いやー、ネタバレしないでストーリーの感想を書くのは、難しいです。とにかく、私はすっかり騙されました。だーっ!もう!やられた!って感じです。

全然本の内容とは関係ありませんが、この本を読む前に、テレビで若き日の尾崎豊の映像を見たのですが、太ってて、ロン毛で、外見はまさにオタク。びっくりしました。若き日のホリエモンのようでした。

enaさんの表紙イラストがかわいい。
| あ行(その他の作家) | 09:49 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:49 | - | - |