CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 生と死のミニャ・コンガ 阿部 幹雄 | main | ▲ まだ見ぬ冬の悲しみも 山本弘 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● 笑う招き猫 山本幸久
408774681X笑う招き猫
山本 幸久
集英社 2003-12

by G-Tools

面白かった〜!27歳の女漫才師コンビ・アカコとヒトミの、お笑いに賭ける1年間を描いています。設定はちょっと変わっているけど、別に奇をてらったわけではない、王道の青春小説です。

青春・・・と言っても20代後半の2人。その年になれば、誰にだって過去とか事情とかあるし、女性は特に、仕事か夢か結婚か、なんて揺れていたりする時期です。そういう部分を避けて通ったわけではないのに、とことん爽やかで、楽しい本に仕上がっています。上手い!

ぼけは150cmのずんぐり体型、天衣無縫なアカコ。祖母の頼子さんと2人、大きなお屋敷に暮らして、何不自由ない下積み生活。でもなにやら家庭の事情がありそうな気配です。

つっこみは、180cmの大女、苦労性のヒトミ。元OL。アルバイトをしながら、ボロ自転車のレッドバロンで東京中を走りまわる日々。典型的な貧乏下積み生活を送っています。

こんな2人の1年間の、漫才師としての成長と、長年にわたる友情が描かれ、笑えて笑えて、時々ほろっとさせてくれて、いい本です。作中で、アカコが即興で作る歌が楽しいです。それを受けてヒトミも歌うことがあるのですが、その受け渡しの瞬間が素敵。なによりラストで歌われる2人の歌が最高!

その他の登場人物や、彼らにまつわるエピソードも、意外に無駄がなくて面白いです。事務所の社長やマネージャー、先輩芸人とその家族、それぞれの物語があって、次から次に事件が起きます。スピード感のある本で最後まで飽きません。

芸能界の裏側を描いたものとして読むと、ちょっと物足りないかもしれません。そういう読み方をしてはいけないのです。これは、青春小説なのですから、アカコとヒトミの成長物語あるいは、友情物語として読みましょう。

第16回小説すばる新人賞受賞
| や行(山本幸久) | 14:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:21 | - | - |