CATEGORIES
LINKS
<< ■ 上高地の切り裂きジャック 島田荘司  | main | ● バスジャック 三崎亜紀  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 氷壁 井上靖 
4101063109氷壁
井上 靖
新潮社 1963-11

by G-Tools

再読。

奥穂高の難所に挑んだ小坂乙彦の滑落死。パートナーだった魚津恭太は、小阪の技術を信頼しており、滑落の原因は、ザイルが切れた事だと考えています。しかし、その最新のザイルは「切れるはずがない」との見解が出されており、小坂が自殺したのではないか、あるいは、魚津がザイルを切ったのではないか、など、様々な憶測が魚津の周りを飛び交い、彼を苦しめます。

生き残った魚津と、小坂の恋人であった人妻・美那子、美那子の夫・八代、魚津を慕う小坂の妹・かおるの恋愛模様、それから小坂と魚津の友情、この2つを描いています。冒険小説でもミステリーでもなく、人間模様を描いた文学でした。ドラマを見ている人のためにネタバレはしません。

初版が、昭和三十八年発行、ということで、時代設定は古いです。登山の技術などに関しては、私にはわからない範囲なので、古さは気になりませんでしたが、女性の描写がすごく古く感じました。登場する美那子という女性は、登場する男性みんなに愛される役なのですが、内に情熱を秘めているものの、言葉が丁寧で、夫に従順で、家をしっかり守って、奥ゆかしくて。こんな女性もいたんだなあ、って感じです。美那子よりは若くて、積極的で行動的な役のかおるにしても、やはり、ひかえめで真面目で、やまとなでしこ、って感じです。

男性のほうは、小坂と魚津の固い友情など、最近出版された真保裕一さんの山岳小説「灰色の北壁」とあまり印象が変わりませんでした。(現実の男の友情の事はわかりませんが・・・)。八代や、小坂の上司の、家では偉そうでわがままなところ、部下の事をけっこう思っていて、でも説教が長いところなども、現代でも多いよなあ、こういう男、という印象。

この数十年で一番変わったのは、女性なのかもしれません。

NHKが現在、玉木宏&山本太郎でドラマ化しています。はまって見ています。美那子=鶴田真由という配役は、この原作を読むと、ますますぴったりだなあ・・・と、思いました。

ドラマ版と、小説版は、大筋もディティールも全然違います。まるっきり別物として楽しむことができます。両方とも、良質だと思います。
| あ行(その他の作家) | 17:19 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:19 | - | - |