CATEGORIES
LINKS
<< ■ むかしのはなし 三浦しをん | main | ■ 透明な旅路と あさのあつこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 日暮し 宮部みゆき 
4062127369日暮らし 上
宮部 みゆき
講談社 2004-12-22

by G-Tools

4062127377日暮らし 下
宮部 みゆき
講談社 2004-12-22

by G-Tools

「ぼんくら」の続編です。宮部さんの時代小説は、人情が前面に押し出されていて、温かみがあっていいですよね。私は、時代小説はめったに読まない人間なのですが、宮部さんの小説だけは読みます。

短編集かと思ったら、連作短編集というか、むしろ長編小説でした。こういう趣向は大好きなので、うれしかったです。人物も一人一人が個性的で、いきいきしていて、本当に存在している人物のように鮮やかに描かれていました。さすが宮部さんです。

ただ、ねー。ちょっと作品自体が長すぎたのかもしれないですね。前半はとても面白かったのですが、そのスピード感が、後半では失われてしまって、一番面白いはずの謎解きの前後も、なんとなくだれちゃった気がします。

宮部さんの本は、ジャンルで言えば、社会派ミステリーとSFが好きですねー。はずれがないです。時代小説と、ファンタジーは、あたりはずれがある気がします。(あくまでも好みの問題としてですが…。)
| ま行(宮部みゆき) | 11:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:37 | - | - |