CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 真夜中の神話 真保裕一  | main | ■ イッツ・オンリー・トーク 絲山秋子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● 風神秘抄 荻原規子
4198620164風神秘抄
荻原 規子
徳間書店 2005-05-21

by G-Tools

平安時代末期を舞台にした、恋愛ファンタジー。勾玉三部作とつながりがありますが、単独でも、十分に楽しめます。

源氏と平家の争いの中で、16歳の草十郎は、源氏側についた坂東武者の1人として、平治の乱に参戦します。源氏の御曹司・義平に認められ、義平を将として慕うようになった草十郎ですが、一行は戦に破れます。落ち武者としてさまよう中で、草十郎は、源三郎頼朝の命を救い、一行からはぐれてしまいます。

ここまでの導入部分が、ばりばりの時代小説。児童文学としては、この導入はちょっとかたいかもしれません(わたしは好きですが)。でも、このあと草十朗は、カラスの鳥彦王に話しかけられて、自分に「鳥の王」と話す能力がある事に気づき、物語は一気にファンタジーの世界へ。口は悪いし、態度はでかい、カラスの御曹司・鳥彦王の登場で、一気に読みやすくなります。そして草十朗は、処刑され獄門にさらされた義平の首を確かめに行った都で、不思議な力を持つ舞を踊る少女・糸世と出会い、恋に落ちるのです。

本筋はどうやら、草十郎と糸世の恋愛です。草十郎の吹く笛の調べと、糸世の舞が調和したとき、そこには、人の寿命さえ操るほどの大きな力が生じていました(後の世を知っている私たちからすると、その力は日本の歴史を変えたわけで、これは本当にすごい力です!)。その力を、時の権力者に狙われ、2人の運命は引き裂かれる事になります。草十郎は糸世と再びめぐり合うために、鳥彦王と共に不思議な旅をするのです。

草十郎は、荻原さんの描く少年の中では、かなりかっこいいほうです。なにせ、要求される前にきちんと告白してますからねー。すばらしい!(笑)。というわけで、草十郎はともかく。糸世のキャラクターを描ききれていない気がしました。登場シーンが少ないので、しょうがないと言えばしょうばないのですが。そのせいで、2人の恋も描き足りなくて、ラブストーリー的に感情移入しづらいです。

その分、草十郎と、鳥たちの世界の物語のほうは、充実しています。キャラもたってるし、展開も面白い。草十郎と鳥彦王の会話はかなり笑えます。鳥彦王と3人の雌の子にも笑いました。
やけどするなよ、草十。おまえって場数が足りないんだから。

おまえって、どうしようもないところが大部分だけど、最高にいいやつだよ。保証するよ。
これが、カラスのセリフなのですから、もう爆笑です。草十郎と鳥彦王の迎えたラストは、予定調和ではありますが、しみじみとしていて涙を誘われました。だけど、これは本筋ではないので、全体としては、こちらの部分にページを取りすぎて、バランスが崩れたように思います。恋愛物語のはずなのに、人とカラスの友情物語になっちゃってます。それで・・・勾玉三部作に比べると、ちょっと物足りない気が・・・。

神とは?死とは?力とは?自然と人間の共存とは?などなど、哲学的なことを、色々考る事もできる本です。でも、そんな難しい事を考えずに、笛や舞や木々を描写する文章の美しさに酔い、草十郎と共に不思議な旅をすることもできる本です。

本を閉じた後も、竹林を抜ける風の音と、かすかな笛の音が聞こえるような気がしました。いろいろ言いましたが、素敵な本でした。オススメです。



で、ここからは、個人的願望なのですが。児童文学じゃないバージョンが読みたい!もっと史実をたくさん描いて、それと2人を絡ませて、もっと長い期間を扱った物語にして欲しかった。せっかく歴史の転換点を舞台にしたのだから、もっともっとその辺りをこじつけて欲しかった。導入部分のかたい雰囲気で、そのまま進んでくれても、わたし的には可です。それから、草十郎と糸世にはもっと史実に関わるようなすごい事をやって欲しかったし、二人のその後も知りたいよう。・・・でも、そうしてしまったら、完全に別の物語ですもんね。だからこれは、あくまでも、こういう本が読みたいという願望であって、この本に対する評価とは別です。
| あ行(その他の作家) | 01:06 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:06 | - | - |