CATEGORIES
LINKS
<< ■ スローグッドバイ 石田衣良  | main | ▲ 最悪なことリスト トリイ・ヘイデン  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 格闘する者に○ 三浦しをん
4794209606格闘する者に○
三浦 しをん
草思社 2000-04

by G-Tools

マンガが好きだからという理由で、出版社への勤務を希望する、女子大生・可南子の就職活動を中心に、義母との軋轢や、政治家である父の跡目問題、脚フェチの老人との恋愛、2人の友人それぞれの恋愛、弟の家出など、などなどなど。様々な濃いキャラクターと、濃いエピソードが詰め込まれた、青春小説。

であるにもかかわらず、無理がない。ゆる〜い雰囲気で、ユーモアたっぷりで、さらっと読める本です。これは主人可南子の性格そのまま。多少、叩かれても、むかついても、泣いても、ちゃんと立ち直る。へこたれない。ちょっと精神年齢が低くて、常識も知らないんですけど、ユーモア精神を忘れない、好感をもてるキャラクターでした。

義母とのエピソードが好きだったなあ。とっても面白かったです。

でも、就職活動を本気でしている人たちは・・・この本を読むと、腹が立たないんだろうか。就職活動って、もっと、厳しいものじゃないんだろうか。やっぱり政治家の娘だから、考えが甘いんだろうか・・・。

・・・ここまで考えて、はっとして、著者略歴を見ました。ああ、やっぱり・・・先輩だ。あの大学なら、これもありですね。しかも、かぶってる!私が大学1年のとき、しをんさんは4年ですね。キャンパスですれ違った可能性は限りなく低いけど・・・。知らなかったなあ。

しをんさんの本をこれの前に2冊読んだのだけれど、どうも「今、若い女性に人気の作家である」というのが、信じられなくて・・・。デビュー作に手を出してみました。ちょっと納得しました。しをんさんの本、エッセイも含めて、順番に読んでいこうと思います。
| ま行(三浦しをん) | 22:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:45 | - | - |