CATEGORIES
LINKS
<< ■ アーモンド入りチョコレートのワルツ 森絵都  | main | ★ 象られた力 飛浩隆  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ソウルドロップの幽体研究 上遠野浩平
4396207859ソウルドロップの幽体研究
上遠野 浩平
祥伝社 2004-08

by G-Tools

傍目にはどうでもいいとしか思えない物を盗み、同時にその人の命を奪う、怪盗・ペイパーカット。殺人事件の前に、「生命と同じだけの価値ある物を盗む」という犯罪予告状が届けられていたホテルの一室からは、なぜかオレンジキャンディが1つなくなっていた。この事件をペイパーカットの仕業と認定したサーカム保険は、調査員伊佐と、千条を派遣する。

あらゆる意味で、上遠野さんらしい本。上遠野さんファンは、楽しく読めると思います。ストーリーはよくまとまっていてまあまあ面白かったです。慣れない人は、独特の語り口や、哲学的表現が、読みづらく感じるんじゃないかな?上遠野本を初めて読む、という人には、お勧めしません。(そうだなー。やっぱり初上遠野さんなら、ブギーポップシリーズから入るのがいいと思う。個人的にはしずるさんのシリーズが好き。)

あ、このサーカム保険もシリーズ化しそうな雰囲気です。ストーリーはまあまあってところだったけど、ロボット探偵・千条がツボでした。調査員・伊佐との会話も面白かったし、彼らの過去が気になるし、千条の成長も楽しみ。次作がもし出たら読むと思います。
| か行(上遠野浩平) | 19:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 19:00 | - | - |