CATEGORIES
LINKS
<< 白夜行 東野圭吾 [ドラマ化]1 | main | ■ 羽の音 大島真寿美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ さよなら妖精 米澤穂信 
4488017037さよなら妖精
米澤 穂信
東京創元社 2004-02

by G-Tools

ミステリ・フロンティアから出ているので、もちろんミステリーの要素もありました。でも、基本的にこれは、「ボーイ・ミーツ・ガール」の青春小説でした。

1991年。ユーゴスラヴィアから日本に来たマーヤという少女と、4人の高校生が知り合い、2ヶ月という短い期間ですが、友情を育みます。主役は、守屋という、夢も目的もない、ごく一般的な男子高校生。彼は、自分の国の未来を真摯に考え、ユーゴスラヴィアの新しい歴史をつくるべく、学習に余念がないマーヤに、次第に惹かれていきます。他人にも物にも無関心であった守屋に、友人ができ、ユーゴについて勉強するようになったりするあたりが、すごく青春小説です。どうやら、守屋に好意を寄せているらしい頭のいい少女が出てくるところも、青春小説。

しかし、マーヤは内戦のはじまったユーゴに帰国してしまいます。ミステリーとしての「謎」は、マーヤが、ユーゴスラヴィア連邦の中の6つの国のうちどの国に帰ったのか?という点です。比較的安全な国なのか、それとも戦地か。ラストで守屋は、日本にいたころのマーヤの言動の端々を、自分の日記から思い出し、そして結論にたどりつきます。

というわけで日常の謎系ミステリーなんですが、まあ、ミステリーとして読んだら、つまらない本です。ストーリーに、山もないし、リアリティもないし、オチも弱い上に、さきがよめてしまう。

でも、キャラクターがとてもいいんです。守屋はどこかにいそうな高校生で、感情移入しやすいですし、マーヤは今の日本人にはいないような、しっかりした目的と壮大な夢をもった魅力的なキャラクターです。私個人としては、センドーに一番感情移入していました。おそらく、守屋よりずっと先に真相に気づいてしまったであろう彼女は(おそらくマーヤに知らされる前に気づいてただろうな・・・)、マーヤの事を「忘れたい」と言ったのです。たぶんセンドーは、守屋をすごく好きだったんだろうなあ、そして、マーヤのことも好きだったんだろうなあ。

この本は1992年が舞台ですが、私たち21世紀の人間は、その後10年のユーゴの惨状を知っているわけで・・・うーん、非常に切ない本です。

ミステリーファンにはオススメできないんですけど、ジャンルにとらわれず、本が好きという人には、オススメします。いい本でした。あとは・・・現代史と政治経済の苦手な中高生に読ませたい、かな。(職業病)
| や行(米澤穂信) | 10:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:24 | - | - |