CATEGORIES
LINKS
<< たらいまわし・本のTB企画「第18回 心やすらぐ本」 | main | ★ ほおずき地獄 近藤史恵  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 巴之丞鹿の子 近藤史恵
4344401670巴之丞鹿の子―猿若町捕物帳
近藤 史恵
幻冬舎 2001-10

by G-Tools

ネタバレアリ!

江戸の町で起こった、若い娘だけを狙った連続殺人事件。南町奉行所同心・千蔭は、殺された娘が皆、巴之丞という人気役者の名がついた、鹿の子の帯揚げをしていた事を不審に思う。犯人の狙いは?

連続殺人事件と平行して、お袖ちゃんという町娘の家庭の事情や、恋愛が描かれていきます。このお袖ちゃんのストーリーと、連続殺人事件が交錯するのは、ほとんどラストに近い頃です。だから、読者は、連続殺人事件の真相が、お袖ちゃんの身辺のできごとに関係があるんだろうな、ということが、千蔭さんよりずーっと先にわかってしまっているわけで・・・これは構成上かなりもったいない気がします。

女流作家の、読みやすい時代ミステリーといえば、宮部みゆきさんがいらっしゃって、はっきり言って、小説的には宮部さんのほうが巧いと思います。でも、お袖ちゃんと小吉の恋愛のエピソードには、いかにも近藤史恵さんらしい女性らしさというか、湿気や粘着性やたくましさがあって、良かったです。

でもまあ、近藤さんって、歌舞伎が好きなんだな、ってことが一番伝わってきたことで、印象の薄い本でした。しかし!これはシリーズもので、同じ日に読んだ二作目が、とても良かったのです!

ほおずき地獄 近藤史恵 感想文へ
| か行(近藤史恵) | 05:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 05:04 | - | - |