CATEGORIES
LINKS
<< ● ホームタウン 小路幸也 | main | ■ 未来のおもいで 梶尾真治 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ エデンの旅人たち 谷村志穂 
4087487660エデンの旅人たち
谷村 志穂
集英社 1998-03

by G-Tools

大学を卒業して1年。20代前半の男女の仲間の恋愛と成長を描いた物語。平成六年の作品だが、古さは感じない。「青春の終わり」と言えばいいのだろうか、誰もが一度は通る道という感じの、ぎっしりつまった本でした。

長さのわりに、主要登場人物が多い。ハードカバー220Pで、7人のグループの男女の恋愛模様を描いていて、当然、それ以外にも7人の誰かにとっての大事な人、という役割で登場する人がいるわけで…。極端に言うと、誰が誰だかわからないうちに、話が終わってしまった、という印象。女性3人はともかく男性は、誰が誰やら…。誰に感情移入することも出来ず、主人公である茗子は、私にとってはイマイチ魅力的ではなかったので、印象の薄い本だった。

それにしても、青春の終わりには、エデンがあるの?あったかな〜?
| た行(谷村志穂) | 23:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - |