CATEGORIES
LINKS
<< ■ BG、あるいは死せるカイニス 石持浅海  | main | ■ 遠い約束 光原百合 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 月の扉 石持浅海 
4334075339月の扉
石持 浅海
光文社 2003-08-21

by G-Tools

わーい。面白かった!あたりだ。

主人公は、那覇空港で、離陸直前の琉球航空第8便をのっとったハイジャック犯3人組。警察に逮捕されている自分たちの「師匠」を、滑走路まで連れてこい、という要求を出した3人は、思いもよらない事態に直面します。機内のトイレで、乗客の死体が発見されたのです。なぜ?そして、どうやって自分たちの目を盗んで?ハイジャックに忙しい3人組は、たまたま死体を発見した乗客の1人、座間味くんに、探偵役を押し付けます。

殺人事件の真相は?そしてこのハイジャックの動機と、結末は?2本立てのストーリーですが、けして複雑ではなく、続きが気になってさくさく読めます。

ただ…これは宗教だよね。何で宗教じゃないと言い張るんだか…。

「BG、あるいは死せるカイニス」しか、石持さんの本を読んでいなかったので、SFよりの人だと思っていました。「BG〜」もミステリーでしたが、パラレルワールドものの要素が強い、というか、そこで勝負していたので…。でも、この「月の扉」はほとんど(あくまでも、ほとんど!)本格推理小説。最初に「琉球航空8便座席配置図」なるものが載っているあたりが、本当に本格推理っぽくて、好きでした(必要性は疑問ですが(笑))
| あ行(石持浅海) | 02:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:03 | - | - |