CATEGORIES
LINKS
<< ■ そして今は誰も 青井夏海  | main | 隻手の声 椹野道流 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
壷中の天 椹野道流
4061821652壷中の天―鬼籍通覧
椹野 道流
講談社 2001-06

by G-Tools

鬼籍通覧シリーズ第3作。

2人の監察医と、警察が死亡を確認した遺体が、搬送中に消えた。事件解決のヒントは、「風太がずんこを殺した」「アヒルの足は、赤いか黄色いか?」の2つ。新人監察医の伊月と、先輩のミチルは謎を明かす事ができるか?相変わらず、このシリーズは先が読めなくて面白いです。

3作目にしてやっと気づいたんですが、このシリーズって、かなり旬のものなんだね。ニュース性重視というか。この本にも、DDRとか、チャットやオフ会などが、いかにも新しいもののように登場しています。出版が2001年の初めだから、当時はやってたんだろうね。DDR、懐かしい!

科学:ホラー=7:3のミステリーシリーズですが、今回は、ホラー部分がかなり怖かった!オカルトは、私は信じないから、基本的にあんまり怖くないんだけど、この作品のクライマックスは、きました。ぞぞ〜!私はもう読みたくない・・・って気分ですけど、つまりホラーとしてすごく上手ってことなんでしょう。
| は行(椹野道流) | 22:07 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:07 | - | - |