CATEGORIES
LINKS
<< ● ターン 北村薫 | main | ■ そして今は誰も 青井夏海  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 橋をわたる 伊島りすと 
4043700016橋をわたる
伊島 りすと
角川書店 2003-03

by G-Tools

ネタバレあり!

大学の夏休みに、塾講師のアルバイトをすることにした僕は、文学部なのに、小学校5年生に算数を教える羽目になってしまう。それでも、なんとか夏期講習前期最後の授業まで辿り着き、ひと安心した矢先、教室で信じられない出来事が起こる。女子生徒の一人がシャーペンで自分の顔を突き刺し始めたのだ。

なぜ彼女はそんなことを?僕は、人には言えない特殊な能力を使って、事件の裏に潜む謎を調べ始めるが…。

橋のこちら側が、正常な世界。向こう側は、異常な世界。これは、女子生徒の心の闇を調査する小説に見えて、違います。「僕」が橋を渡ってしまうまでを描いたサイコホラーです。こわーい!

悪くないできで、面白いというか、ちゃんと恐い本なんだけど、内容の割に長かったかも。短編にすればよかったのに、と、思ってしまいました。


| あ行(その他の作家) | 02:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:54 | - | - |