CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 最悪なことリスト トリイ・ヘイデン  | main | ▲ そのときは彼によろしく 市川拓司  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● 犬はどこだ 米澤穂信 
4488017185犬はどこだ
米澤 穂信
東京創元社 2005-07-21

by G-Tools

アトピーが原因で銀行員を続けられなくなった紺屋。学生時代に、犬探しのアルバイト経験があるから、という理由で、犬探し専門の探偵になろうと決めます。ところが、開業したとたん舞い込んで来たのは、失踪した美女探しと、古文書の解読、という、「本物の探偵らしい」仕事。昔から探偵に憧れていたというおしかけ助手のハンペーと共に、紺屋は二つの事件を調べ始めます。

二つの事件は、実はつながっていて、調査の過程でしばしば交錯します。読者にはそれがわかるのですが、登場人物は、紺屋が美女探し、ハンペーが古文書、と、担当を分けているので、そのことになかなか気がつきません。紺屋がその事に気がついたとき、真相が一気に明らかになります。

一ひねりも二ひねりもある展開、終盤のスピード感、読後の余韻。とても良かったです。ちりばめられた小さな笑いのツボも面白かった(オロロ畑とか…)。米澤さんを見直しました。続編希望します。
| や行(米澤穂信) | 11:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:25 | - | - |