CATEGORIES
LINKS
<< 暁天の星 椹野道流 | main | ▲ MISSING 本多孝好  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● 蒲公英草紙 恩田陸
4087747700蒲公英草紙―常野物語
恩田 陸
集英社 2005-06

by G-Tools

「光の帝国 常野物語」につながる物語。引き出しの家族、春田家が登場します。舞台は、20世紀がはじまったばかりの東北の農村です。

その村には槇村家という名家があり、そこには病弱で寝たきりのお嬢様・聡子様がいます。物語は、聡子様の話し相手としてお屋敷に通う、峰子、という少女によって語られます。槇村家と常野一族の関係が語られ、常野の人々の運命が語られるので、「光の帝国」ファンには必読です。でも、この本の主人公は聡子様であり、物語の中心は、聡子様という清く正しく賢い少女の、短い人生です。だから「光の帝国」を知らない人でも、和製ファンタジーとして楽しめると思います。

後半の盛り上がりがすごいです。まあ、それだけ、前半がだるかった、とも言えるのですが・・・。前半はじっくりしっとり文章を味わうように読み、峰子とともに聡子様を見つめて、後半の怒涛の展開に引き込まれる、というのが、いい読み方だったかな、と、思います。前半で描かれる当時の時代背景や、日本の風景の描写や、物語の長さのわりに多目の登場人物、一人一人の思いを、しっかり脳にきざんでおかないと、後半で感動できないんです。私のように、前半の展開があまりに遅いので斜め読み、というようなことをすると、あとで後悔します。(というわけで、再読しました・・・感動!)

最後の4ページが好きです。美しく正しく生きて、理想を語った人々は、戦争によって命を落とし、もう誰もいない。ここが「現在」であるという視点が、切なさ倍増です。

(ところで、ノーブレス・オブリッジって欧米の発想だと思っていたのですが、この頃の日本の農村に、そんな考え方ってあったのかなあ。大名と家来のような主従関係にあるわけでもない、平民同士の間で。行われていた事は同じでも、思想の原点はちょっと違うような気がするんだけど・・・うまく言えません。)
| あ行(恩田陸) | 04:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 04:03 | - | - |