CATEGORIES
LINKS
<< ■ 自殺自由法 戸梶圭太 | main | ■ クドリャフカの順番 米沢穂信  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● 最悪 奥田英朗
4062092980最悪
奥田 英朗
講談社 1999-02

by G-Tools

小さな鉄鋼所の社長・川口は、長引く不況にあえいでいた。下請けの下請けという立場は、どんなに無理な仕事でも断る事はできない。後から引っ越してきた近隣のマンションの住人は、残業を騒音公害だといって騒ぐ。

銀行員のみどりは、社内での上司のセクハラに悩んでいた。味方になってくれそうだった人たちは、その上司にかつて派閥抗争で負けた人たちで、みどりを利用しようとしているだけ。彼らにセクハラの事実を知られた事で、みどりは更なる窮地に追い込まれていく

パチンコとかつあげで生計をたてる和也。トルエンをめぐるちょっとした誤解が元で、やくざに弱みを握られる。

追い詰められた3人が、出会ったとき、転落は加速を増していく・・・

3人の物語を平行して描いていく前半、川口の物語はとても読み応えがあった。リアリティもあったし、近隣住人のやとった弁護士とのやりとりも、そらおそろしい感じがした。川口が追い詰められていくのはよくわかる。とても哀しい。みどりも、まあまあ、同情できる。よくある不幸だとは思うけど、不幸には違いない。問題は和也だ。和也と和也をめぐる人々の物語は、ページ数をさかれているにもかかわらず、ろくに描きこまれていない感じがする。もうちょっと平等に描けていると、後半がもっと魅力的に感じられたと思う。

それにしても、タイトルどおり「最悪」な本。救われない本だなあ・・・。私は「邪魔」のほうが好きだな。というより、これから読む人は、奥田さんの本は、出版順に読んだほうがいいような気がします。この人は、目に見えて成長していく作家さんみたいだし、時代のニーズに答えている人でもあるようなので。
| あ行(奥田英朗) | 11:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 11:03 | - | - |