CATEGORIES
LINKS
<< ● コールド・ゲーム 荻原浩  | main | ▲ 私が語りはじめた彼は 三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
★ クライマーズ・ハイ 横山秀夫 
4163220909クライマーズ・ハイ
横山 秀夫
文藝春秋 2003-08-21

by G-Tools

特に、あっと驚く仕掛けがあったり、感動のあまり泣かされたりする、派手な小説ではありませんんが、大作で、力作でした。読み応えがありました。読む価値もありました。

85年、御巣鷹山の日航機事故で運命を翻弄された地元群馬の、ローカル新聞の記者達を描いています。主人公は、悠木和雅40歳。過去に部下を死なせた負い目から、出世せず、部下を持たない遊軍記者的存在である事を、自らに科してきたのに、社内の覇権争いや、人事の思惑によって、この世紀の大事故の全権デスクを命じられてしまいます。

この小説は記者達の群像劇です。悠木の他にも、事故現場に当日たどりつき、その悲惨さに深く傷ついた新人記者、悠木への嫉妬や、社内の派閥抗争によって、渾身の記事を無にされてしまう実力派の記者佐山、地元新聞のプライドを忘れない整理部長の亀島など、たくさんの人物が、この事故にくらいついていきます。逆に、この混乱のさなかにも何の緊張感もなく、自分の出世と派閥争いや、営業所や有力者へのご機嫌取りにしか、関心を持たない社内の人間も登場します。非常にリアルです。

地方紙ですから、全国規模の大手新聞社には色んな意味で負けてしまいます。雑誌やテレビで流される、視覚的に衝撃的なものにも、文章である「記事」は負けてしまいそうです。そんな葛藤をそれぞれが抱えながら、それでも「記事を書く事」にプライドを持っている記者達。かっこよかったです。

この「過去」と並行して語られるのが、クライマーにとっては難関と言われる危険な「衝立岩」に挑もうとしている、という悠木の「現在」です。事故の当日、悠木は同僚で登山家の安西と「衝立岩」に登ろう、と約束していました。しかし、日航機事故が起きて悠木は職場を離れられず、ちょうど同じ頃安西も、過労死のように倒れて植物状態になってしまい、約束は果たされないままでした。このパートでは、悠木のプライベート、特に息子との関係に苦悩してきた様子が描かれます。

本書のテーマからは多少ずれる気はしますが、私の感想は、仕事にプライドを持っているという事は、かっこいいことだな、と、いう事です。(ものすごくミーハーに「仕事のできる男ってかっこいいよねー♪」というのと、何も変わらないのですが。)どんな種類の仕事であっても、給料の安さや、会社の大小や、出世争いや、自分の失敗に一喜一憂していても、自分の仕事にプライドを持っている人は、それだけですでに何者かではあるのだな、と思いました。

この事故が起こったとき、私は小学生で、夏休みの帰省で飛行機に乗った直後で、ニュースはとても衝撃的でした。この事故がきっかけで、それまで大人が読むものだと思っていた新聞を、毎日読むようになりました。スクラップというものを初めてしました。そんな事も思い出したりした本でした。
| や行(横山秀夫) | 16:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:08 | - | - |