CATEGORIES
LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 金色の野辺に唄う あさのあつこ
金色の野辺に唄う金色の野辺に唄う
あさの あつこ

小学館 2008-05-31

山陰の静かな山あいの町で、九十を超えた老女・松恵が息をひきとろうとしていた。看取るのは、松恵の曾孫で絵心を持つ中学生・東真、松恵の孫に嫁いだ元OL・美代子、近所の花屋店員・史明、松恵の娘で稀な美貌を授かり持った奈緒子。四人ともかつて松恵に受け止められ、救われた過去があった―。屈託や業を抱えながらも、誰かと繋がり共に生き抜いていくことの喜びを、晩秋の美しい風景の中に力強く描き出した連作短編集。 (帯より)
しみじみとした、いい本でした。

松恵のように、自分自身も深く傷つき暗い思いを抱えながらも、家族の1人1人を愛し、温かく受け止め、見知らぬ人にも親切にし、そうやって生き抜いて、静かに死んでいけるのなら、理想だな、と、思います。あくまでも松恵の生と死に関する小説として読んだ時に、とてもいい本でした。

「人は、永遠に輝く星にはなれない」山田宗樹 も、同じようにある老人が死んでいく本でしたが、「人は、永遠に輝く星にはなれない」は現実で、この「金色の野辺に唄う」は理想だな、と思いながら読みました。どちらも、死と照らし合わせることで、生の素晴らしさを唄いあげた、いい本だと思います。

ただ、まだ生きている、これからも生きていく家族の物語は、あさのさんにしてはちょっと浅かったかも。もちろん、この本は松恵の物語(だと私は思っている)ので、これくらい浅くてちょうどいいのかもしれませんが、特に、奈緒子の物語はもっと踏み込んで欲しいなあ、と、思ってしまいました。

あと、最後の最後、お葬式の最中の、死後の松恵のモノローグは、個人的には無いほうが好きかも、です。そのほうが、死と生の対比が、鮮やかに描き出された気がします。でも、あのモノローグで感動する読者も多いんだろうな、とも思うので、私は少数派でしょうね。
| あ行(あさのあつこ) | 11:57 | - | - |
■ ランナー あさのあつこ
ランナーランナーあさの あつこ

幻冬舎 2007-06

長距離走者として将来を嘱望された高校一年生の加納碧李は、複雑な境遇の妹を案じ、陸上部を退部することを決意した。だがそれは、たった一度レースに負けただけで走ることが恐怖となってしまった自分への言い訳だった。走ることから、逃げた。逃げたままでは前に進めない。碧李は、再びスタートラインを目指そうとする―。(帯より)
帯の内容紹介はもちろん間違ってないんだけど、どちらかというと、ランナーとしての碧李の物語より、兄として、また、息子としての碧李の物語のほうが、分量も多いし、インパクトも強かったです。陸上競技にはあまり深く踏み込んでいないので、そちらに期待してしまうと物足りなさを感じるかも。でも、碧李のあせりや苛立ちや無力感が、すごく伝わってくるので、王道の青春小説として、いい小説を読んだなあ、と、思います。帯に書かれているように「バッテリーを超えた」かどうかはわかりませんが、短い中にあさのあつこさんらしさがギュッとつまった一冊でした。あさのさんの本の中では、読みやすかったし、好きなほうです。

離婚とその後の生活のストレスから、血のつながらない娘を虐待するようになった母、千賀子。暴力におびえながらも、母親を慕う杏樹。母親に同情しつつも、妹を守ろうとする碧李。重苦しく、胸の痛む描写が続きます。ランナーとしての碧李に期待してくれている陸上部の顧問の先生や、碧李の友人である久遠の存在が、碧李にとっても、読者にとっても救いでした。

しかし、ラストはどうなんだろう。そう簡単に、虐待という難しい問題が解決するとは思えないので、ハッピーエンドのはずなのに、心配のほうが勝ってしまいました。千賀子の抱えるストレスは、何も解決していないし、杏樹への愛情が戻ったとしても、やはり、また虐待を繰り返してしまうんじゃないのかなあ。一時つらい思いをしても、杏樹は父親に引き取られたほうが、みんなが幸せになれるんじゃないか、と思ってしまいました。実の子を、愛しているにも関わらず、虐待してしまう親が実際にたくさんいる事を考えると、この作品の続きが心配で仕方ないです。続編…出るといいな。

マネージャーの杏子さんの恋のお話が中途半端なまま終わっているので、そこらへんも続編に期待しちゃいます。なんだかんだ言って、碧李と杏子さんがくっつきそうな予感。
| あ行(あさのあつこ) | 12:02 | - | - |
■ ありふれた風景画 あさのあつこ
ありふれた風景画ありふれた風景画
あさの あつこ

文藝春秋 2006-08

高校2年の高遠琉璃には、ウリをやっているという噂があります。真実とも、本人の意志とも関係ないところで、その噂が、ぷかぷか浮いて、流れていくのです。琉璃には、美人でオシャレな姉がいて、その反動でか、自分はオシャレに気合なんていれない決めています。それでも、爪だけはいつも桜色にしておきたいと考えている、なかなかキュートな女の子です。

そんな琉璃が恋をした相手が、超能力があるとか、呪いの力があるなどと噂され、やはり周囲から浮いている、先輩の綾目周子。彼女の美貌と、動物と話が出来るという力は、過去も現在も、問題を起こしてばかりです。
「十代ほど、たくさんの人に出会い、たくさんの人と別れる次代はないような気がする。出会いと別れを繰り返す時代、「さようなら」そんな別離の挨拶とともに、二度と会えなくなる人たち。その人たちをいつの間にか忘れていくわたし、忘れられていく私。出会いも別れも生々しく儚い。」
本文からのこんな引用が、帯に印刷されていて、「青春小説」と、書いてあります。たしかにそれは正しくて、この本はちゃんと青春小説なんですけど、わたしが「青春小説」に期待する、爽やかさや清々しさは、ない小説でした。(だからと言って、この本が嫌いというわけではないです。)上の文章から感じられる、痛々しさや、脆さは、多少ありましたが、なんかもっと濃厚な雰囲気の小説です。

この本の中では、琉璃と周子が共に過ごした1年間を扱っているのですが、二人それぞれの負荷は、「青春」とは関係なく、それぞれの個性として一生ついて回りそうな気がします。周子は自分の能力をあんな風に無造作に使い続けていたら、まともな社会人としてはやっていけないだろうから、きっとずっと大変だろうと思う。琉璃はどうやら思春期によくある「美貌の先輩にあこがれて」のパターンではなく、本物のレズっぽいので、青春期を卒業しても、やっぱり大変だと思う。この本のラストシーンが永遠に続くのであれば、いいのになあ。二人がどう成長するのか、今後が心配になってしまうような、しんみり本でした。

というわけで、どう読んでも青春小説というより、恋愛小説の要素が強いんですよねー。「バッテリー」などは、なーんかBLっぽい雰囲気だけど、青春小説なんだよね、と分かりましたが、この本はしっかり、レズ小説。2人とも恋愛感情をしっかり自覚した上でのおつきあいです。青春小説としては、あんまり、ありふれてないと思うなあ。

あさのあつこさんって、どっち方向に行きたいのかなあ。いまだ、つかみきれません。
| あ行(あさのあつこ) | 14:51 | - | - |
■ 地に埋もれて あさのあつこ
地に埋もれて地に埋もれて
あさの あつこ

講談社 2006-03

意識を取り戻すと、自分は土の中にいて、心中していっしょに死んだはずの恋人が、自分の体の上にさらに土をかけている。

そんな、これは辛すぎるぞ・・・!という状況から始まる本書。この状況から、主人公優枝を助けるべく、「透明な旅路と」の白兎くんが、再び登場します。「透明な旅路と」にくらべると、「地に埋もれて」のほうが、物語の展開としてわかりやすく、ミステリー的な謎も、オカルト的な謎もはっきりあって、オチもついて、ずーっと面白かったです。主人公の心情も、過不足なく説明されていて、無理なく共感できたのでよかったです。もしまだ続くシリーズなのだとしたら、やっと方向性が見えてきた、という感じです。

私は、死後にも残る魂、というものを信じていないので、この本の根本的な前提条件に、どうしてもはまれなくて、恐くもなく、あまり感動もなく、読み終ってしまいました。でも、藤の描写の美しさとか、優枝の家族の物語とか、読みどころはたくさんありました。

確率的には子供より、たいてい親は先に死んでしまうから、子供は親が生きているうちに、どんなにひどい親のことでも許したほうがいいよね。自分の幸福と心の平安のためにね。
| あ行(あさのあつこ) | 11:47 | - | - |
● The MANZAI あさのあつこ
The MANZAIThe MANZAI
あさの あつこ

岩崎書店 1999-10

YAの王道!って感じの、明るく楽しい中学校生活と、その中での友情が描かれています。面白かったです。もちろん登場人物はそれぞれに、様々な事情を背負って、悩んだり、苦しんだりしているのですが、基本的には明るい本。漫才好きの中学2年生が、先生たちをなだめながら目指す、文化祭の笑える「ロミオとジュリエット」の行方は?

「バッテリー」やナンバーシリーズに通じる、少年同士の友情なんだか、それにしてはちょっと深すぎるようななんなんだか・・・というあさのさんらしい部分も、すでにあらわれています。

「夢冒険」など、私の年代には懐かしいネタもちらほら。

2も読まなくちゃ。
| あ行(あさのあつこ) | 14:06 | - | - |
■ ガールズ・ブルー あさのあつこ 
4591074226ガールズ・ブルー
あさの あつこ
ポプラ社 2003-11

by G-Tools

わたしはどうやら、あさの作品なら、少年ものより、少女もののほうが好きらしい。この本は、完全にYAなんですけど、大人の私も楽しめました。

いまどきの女子高生の日常生活を描いた3つの短編。かなり昔の私の高校時代とも、気持ちがちゃんと重なる感じがするのがすごいと思いました。世代を超えることの出来る小説だと思います。(もちろん・・・私の母の世代の共感まで呼ぶとは断言できないけど・・・。)

勉強嫌いで、大食いで、おしゃれと男が好きな理穂。
病弱で、あわれまれるのを嫌う、頑固で誇り高い美咲。

この2人の友情が、なかなか感動的です。

2人の周辺の登場人物も、短い本なのにしっかりキャラがたっていて、一人一人が印象的でした。ストーリーらしいストーリーがないわりに、ものすごくいきいきした本でした。

会話のテンポがすごくいいんです。だから、読んでいてとても楽しいんだけど・・・これはかなり、頭の回転が速くないと出来ない会話だよなあ。

こんなに頭がいいのなら、なんでも出来るし、なんにでもなれるだろうに。いい若い者がたむろすばっかりでもったいないのう・・・と、思ってしまった私は、完全におばあちゃん(笑)
| あ行(あさのあつこ) | 00:26 | - | - |
■ 福音の少年 あさのあつこ 
4048736310福音の少年
あさの あつこ
角川書店 2005-07-20

by G-Tools

舞台は、田舎の小さな温泉町。十六歳の明帆は、同級生の藍子とつきあっていますが、本当は他人に関心がなく、優等生の仮面をかぶって生活しています。そんな明帆の、唯一気にかかる存在が、藍子の幼馴染・柏木陽。柏木には明帆の真の姿が見えているようで、柏木にとっても明帆は気になる存在です。

藍子が明帆に別れをつげたその日、母親とケンカをしたと、陽が明帆の家にやってきます。その間に、藍子と陽の住んでいたアパートは火事で全焼。藍子は焼死体で発見され、陽は、家族と家を失います。二人は火事の後かかってきた電話から、これが単なる火事ではないことを知り、真相を探りはじめますが・・・。2人に近づく、謎の巨大な敵の正体は?藍子の裏の顔とは?危険な秘密を知った2人の運命は?

サスペンスとしては、なかなか面白かったです。読んでいる間中、ドキドキハラハラしました。それに、主人公2人も、藍子も、魅力的なキャラクター。あさのあつこさんお得意の、思春期の不安定さと、残酷さと純粋さが、3人3様に描かれていて良かったです。もっと長い本にしても、いいくらいだと思います。まだまだ彼らの事を知りたい、もっともっと描いて欲しい、その先を教えてくれ!・・・と思わせるような本でした。

でも・・・何をしたいのかよくわからない本だったんですよね・・・。ただのアパート火災の謎を解くミステリーを楽しめばいい、という本ではないのはわかるんです。文章がやたら文学的ですもんね。「バッテリー」や「No.6」と違い、テンポを犠牲にして文学してます。だったら・・・あさのさんは何を描きたかったのでしょうか。

「10代という若さにこそ存在する心の闇を昇華した作品」で、あさのさんが「本当に書きたかった作品」というふれこみなのですが・・・。それにしては、終盤があっけなさすぎやしませんか。

3人の若者の心の闇を描いたのは、わかります。破壊衝動、破滅願望、孤独と絶望。でも、別に昇華なんてしてないよね・・・。

それに、これを、ある種の若者には「ありがちなもの」として描いたのであれば、あさのさんの描きたい事を、理解できる気がする。でも、この作品では、主人公2人は「特殊な若者」として描かれているんですよね。彼らは特別な理由もなく、はじめから「そういう若者」なんです。

だったら、この作品は、何を言いたかったんだろう・・・。孤独な魂のふれあい?大人たちの腹黒さ?腐女子向けBL?(だって、実は一番深い闇を抱えていそうな、藍子の内側には、全然頓着せずに終わるんだよ・・・。びっくりだよ。)

全部違うんだろうなあ。読み取れなくて、すみません。
| あ行(あさのあつこ) | 17:09 | - | - |
■ 透明な旅路と あさのあつこ
4062128365透明な旅路と
あさの あつこ
講談社 2005-04-27

by G-Tools

雨の降る月夜、娼婦を絞殺して、逃亡している明敬は、白兎と和子という二人の子供がヒッチハイクをしているのに出くわし、彼らを車に乗せます。妙に大人びた、達観した台詞を操る白兎、どこまでも無邪気な和子。初めは兄妹に見えた二人は、実はそうではないらしく、しかも白兎は明敬の過去について、何かを知っている様子で…

モダン・ホラーと書かれていましたが、別に怖くはなく、ただ不思議な雰囲気のある小説でした。それに、読み終わったあと、もう一度、真相を頭の中で整理してみないとよくわからないような…。

なんにせよ、明敬にとってはものすごいハッピーエンドなわけで、これはまったく想像していなかったのでびっくりしました。タイトルも素敵ですよねー。何を意味するかを考えちゃうと…ちょっと怖いですけど。

それにしても、一般文芸の棚に並んで売ってるし、でもあさのあつこさんだし、漢字にルビはふってあるし、でも最初のほうにセックスシーンはあるし、これは児童文学なのかな?ちがうのかな?
| あ行(あさのあつこ) | 11:44 | - | - |
● バッテリー(1〜6) あさのあつこ
4774606367バッテリー〈6〉 教育画劇の創作文学
あさの あつこ 佐藤 真紀子
教育画劇 2005-01-07

by G-Tools

完結したので感想を・・・と思いつつ、少し時間がたってしまいました。

「バッテリー」というタイトルどおり、ピッチャー巧と、キャッチャー豪の物語です。小学6年生にして野球一筋の天才ピッチャー巧。その巧の球に魅せられ、小学校卒業を機にやめるつもりだった野球を、中学でも続けることにした豪。二人が自分と、あるいはお互いと、また教師や、家族や、仲間や、ライバルと、戦って戦って戦って、ピリピリキリキリと成長していく物語です。

でもこれは、野球小説ではありません。その戦いは、あくまでも人間同士の心理戦であって、野球ではないんです。作中で野球の試合とか、勝負は、ほとんどありません。爽やかな野球小説を期待すると裏切られます。

私はこの本が好きです。何か問題が起きたり、二人の気持ちがすれ違ったりするたびにハラハラ、ドキドキさせてもらいました。おじいちゃんの含蓄のある言葉にうならされ、巧の弟青波の存在に癒され、1つのエピソードが終わるたび、1冊読み終えるたび、何かを考えさせられたり、何かを懐かしく思い出したりするような、素敵な本でした。確かに、児童文学の棚に入れておくだけではもったいない、大人向けの文庫が出るのももっともだ、と思える、よみごたえのある本でした。




でも。 でも、って言っちゃっていいですか?

私はこのシリーズに、ちょっとした違和感をずっと感じてきました。それは、ノドにささった小骨みたいな感じで。かすかだけど、心地よくはない違和感。

わたしが知っている野球ものって、小説でもマンガでもノンフィクションでも、主役が一人か一チームである物語。あるいは、ピッチャーとバッターがライバルである物語、でした。でもこの「バッテリー」は、バッテリーを描いているんですよねー。そこが新鮮で、魅力的でもあるわけですが、そこら辺をうじうじ考えていたら、違和感の正体がわかった気がしました。

たぶん「著者が女性だから」だと思うんです。少女という人種は「2人の世界」ってやつが大好きです。恋愛に関してはもちろんですが、それ以外でも、友達同士でも、先生や先輩とでも、母娘でも、擬似恋愛的な「2人の世界」を作る事が嬉しくて仕方のない人種です。少年は人間関係の作り方が、少女とはどこか違うはずだし、野球は9人でするはずなのに、恋愛と同じ感覚でバッテリーを描いている…のが、ちょっと違和感。

女性が、いて欲しいなあと思うかっこいい少年、あるいは自分を仮託する事ができる、実際には存在し得ない理想の少年が、2人の世界を作って、そこでお互いによって、お互いのために煩悶している小説。こう書くとなんだかとっても…BLな感じでしょ?もちろん、「バッテリー」はBLじゃないんだけど、こう書くと、少なくともBLの親か祖父母くらいの位置にある世界にみえてくるでしょう?男の子や男の人が読んだら、物足りない部分があるんじゃないのかな。せめてもうちょっと試合をして、戦って負けたり、勝ち進んだりしてくれないと、ねえ。

普通に文学として読もうとしても。バッテリーの2人の性格は、自信過剰で傲岸不遜な天才、という設定の巧はもちろん、温厚なキャッチャーの豪も、12、3歳にしては老成しすぎていて、とても非現実的です。その非現実ぶりが、純文学によくある、いい意味でのご都合主義、ではなくて、単なる「妄想の産物」に見えてきてしまった事が…わたしのノドの小骨の正体だと思います。

だからといって、いささかも、この作品の私的な評価は下がるわけではありません。それに、巧の家族や、学校の先生など、BL的ではなくて魅力的なキャラクターもきちんと描きこまれているので、色んな読み方ができることはわかります。反抗期で、友達がとても大事な時期の子供が、巧と豪に共感していくのも想像がつきます。

それでもこの本が、「児童文学」「青春小説」「野球小説」というような爽やかな衣装をまとっている事には、個人的に違和感を覚えるのです。BLとして書かれたのであれば、「超名作!」って思ったかもしれない。でも、BLじゃないのに・・・どう見てもBLなんだもの。なんか変。そんな事を考えていたので、感想を書くのが遅れました。

まあ、ここだけの話にしておきましょう。

この本が好きなのは本当です。誰にでも、自信を持ってオススメできる健全で、読み応えのある、いい本だと思っています。
| あ行(あさのあつこ) | 23:35 | - | - |
| 1/1PAGES |