CATEGORIES
LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ミーナの行進 小川洋子
ミーナの行進ミーナの行進
小川 洋子 寺田 順三

中央公論新社 2006-04-22

家の事情で、芦屋に住む伯母の家に預けられた中学1年生の朋子と、伯母一家との1年間にわたる交流を描いた物語です。基本的には、1970年代前半の、古き良き少女時代を描いた本。万博博覧会、浅間山荘事件、ミュンヘンオリンピックなどが記憶にある方には、懐かしい本だと思います。

ミーナは伯母の一人娘です。本が好きで、喘息もちで、学校へはコビトカバにのって通っています。朋子とは1つしか年が違わず、2人はすぐに仲良くなります。

芦屋の家族は、ミーナのほかに、ドイツ人のローザおばあちゃん、おじさん、おばさん、ミーナのお兄ちゃん、家政婦の米田さん、運転手の小林さん。彼らそれぞれに、それぞれの温かかったり、切なかったりする物語があります。それを知ることで朋子は新しい世界を知り、成長していきます。

社長一家ということで贅沢な暮らしを送る家族ですが、影もあります。家にほとんど帰らない男たちと、ほとんど外出しない女たち。ミーナの家族は、けして理想的とは言えません。歪んでいます。その歪みの中で、体の弱いミーナが、マッチ箱の物語を胸に抱いて成長していく姿が、この本の中には描かれています。この本に描かれてはいない、朋子が来る前のミーナを想像すると、なんだかとても痛々しかったです。

そしてとにかく、挿絵が素敵だった!わたしにとってのこの本の感想は、これにつきるような気がします。小説の内容は、少女たちの成長と、1つの家族の物語として、しっかり展開されているし、キャラもそれぞれたっていて、読み応えがあるのですが、やはり挿絵です!挿絵がいいんです!単なる挿絵ではなく、挿絵と物語が合わさって、1つの世界がしっかり作られている気がします。

というわけで、これは、買って手元に置いておきたい本です。文庫化するときどうなっちゃうんだろう。きっと挿絵ははずせない、と、誰もが思うだろうから・・・ちょっと値段が上がるのかな?

それから、小説の本筋とはあまり関係のないところで、この文章が好きでした。
ただ一つの例外は本だった。ミーナが読みかけの本を、サンルームのテーブルに開いたまま伏せておいてあったとしても、米田さんは決して勝手に片付けたりしなかった。ページの反対側にはまだ見ぬ世界が隠されており、本はその伏せられた形によって、残りの世界に戻るための入り口を示しているのだから、むやみに触れてはならない。ミーナが迷子にならないために。そう、米田さんは心得ていた。
第42回谷崎潤一郎賞
| あ行(小川洋子) | 02:08 | - | - |
■ ブラフマンの埋葬 小川洋子
ブラフマンの埋葬ブラフマンの埋葬
小川 洋子

講談社 2004-04-13

私には、怪我をした動物の面倒を、とても上手にみる友人がいます。治って野生に帰るものもいれば、彼女の家にずっと飼われているものもおり、亡くなる場合ももちろんあります。獣医さんにかかるために高いお金を出して、餌にするために生きた虫を探して、残業も断って・・・よく面倒をみるよなあ、本当に好きなんだなあ、と、いつも感心しています。

しかも彼女はそういった動物に本当によく出くわす。怪我をして落ちた鳥、捨てられて死にかけた子猫、交通事故にあった犬、カメ、アヒル、タヌキ。東京23区からほとんど出ずに暮していて、なんで彼女ばかりがそんなものに出会うのか、本当に謎です。

この本の主人公「私」も、森の中で傷ついた動物を拾い、世話をするようになります。最初は手がかかるだけだったその動物も、ブラフマンと名づけ、共に暮らすうちに、じょじょに、「私」の心を暖め、癒してくれる大切な存在になっていきます。

「ブラフマン」が、実際には何の種類の動物なのか、明記されていないのが上手いなあと思います。実在の動物なのかどうかも不明。「ブラフマン」は「ブラフマン」なのです。

タイトルがもうネタバレだと思うので言ってしまいますが、ラストに「ブラフマン」は亡くなってしまいます。このラストに関しては、賛否両論あるんだろうなあと思います。ペットの扱い方という観点で読めば、人間の身勝手に対する問題提起と読めなくもない。上に書いたような私の友人に読ませたら、気を悪くするかもしれません。

でも、そこに至るまでの、「私」がブラフマンに向ける親のような温かい視線がとても素敵でした。それに、墓碑や石棺というモチーフにも、なぜか癒されてしまう本でした。淡々とした筆致ながら、ラストの「私」の心情を思うとやはり切ないです。こんなストーリーなのにまったく説教臭くなくて、私はこの本が好きです。
| あ行(小川洋子) | 14:37 | - | - |
▲ やさしい訴え 小川洋子
やさしい訴えやさしい訴え
小川 洋子

文藝春秋 1996-12

基本的にわたしは、チェンバロという楽器が好きです。弦をはじく楽器で、音色が一番近いのは・・・ハープかなあ思いますが、ハープより丸い音色がします。その音色が本当に素敵で・・・。「モーツアルトをチェンバロで聞こう」なんていうイベントやコンサートがあると、つい行ってしまいます。

見た目や演奏法はピアノの小型版みたいな感じ。でも、猫足だったりたくさん絵が描いてあったりして、デコラティブで無駄の多い外観の楽器です。そんな華やかな外観の割には、表現力という点で、後年の楽器には圧倒的に劣っているし、繊細すぎて扱いが難しいし、なんだか・・・サリエリみたいな楽器です。そんなところも好き(笑)

ピアノは手が小さくて腱が弱いので向いていない私ですが、チェンバロなら多少は扱えそうな気がする。いつか大金持ちになったら、チェンバロを個人所有したいです。

というわけで、チェンバロが影の主役になった、この本の雰囲気には惹かれるものを感じています。

まあ、ストーリーとしてはドロドロの三角関係+不倫の話なんで・・・。私は、好きじゃないんですけど。

でも、こういうストーリーを、チェンバロという楽器、登場する数々の楽曲、カリグラフィーや、それによってつむがれる物語、別荘の周囲の自然、そういうディティールによって、穏やかで生臭さのない、前向きな癒しのストーリーに仕上げてあるという部分で、小川さんらしい上手さだなあ、と、思いました。
| あ行(小川洋子) | 14:32 | - | - |
▲ 薬指の標本 小川洋子 
4101215219薬指の標本
小川 洋子
新潮社 1997-12

by G-Tools

フランスで映画化という話を聞いて、読んでみました。フランス映画みたいな雰囲気だなあと思いました・・・すみません、単純で(笑)

タイトルから想像するほどには、グロテスクでもショッキングでもありませんが、ジワジワ〜っと怖い本です。舞台になる「標本室」では、あらゆるものが標本にされ、保存されています。それは、標本を依頼した依頼人にとっては、安らぎであったり、癒しであったりします。標本技術士である弟子丸氏と、雑用係として雇われた「わたし」の恋愛を描く、静かなラブストーリーです。

私は、アンチ「わたし」派ですが、「わたし」の気持ちもわかってしまいます。弟子丸氏はダメ男だと思います。以上。
| あ行(小川洋子) | 23:13 | - | - |
★ 博士の愛した数式 小川洋子
410401303X博士の愛した数式
小川 洋子
新潮社 2003-08-28

by G-Tools

事故で記憶力を失った老数学者と、彼の世話をするために雇われた家政婦母子のふれあいの物語。

博士は脳に、博士の義姉は足に障害があります。主人公は男に逃げられたシングルマザー。不幸の要素はたくさんあって、暗い話になりそうなのに、この本はそうはなりません。透明感があって、優しくて、素敵な物語です。

後味が非常にいいのは、最後の数ページのおかげだと思います。彼らが生活を共にした期間はとても短かったけれど、その後もずっと彼らのふれあいは続いていきます。なんとなく続いていくわけではなく、努力によって続けられていくんです。施設に入所した博士を、母子はその後何年も定期的に訪問し、そのたびに自分たちの事を覚えていない博士との友情を結びなおし続けるのです。

友達は大切に。そんなあたりまえのことを、本当にやっている人が、どれだけいるだろうか、と考えさせられました。

この本はあちこちで、推薦図書や、読書感想文の課題図書などになっていましたね。人間ドラマとしてすばらしいので当然といえば当然ですし、学校の先生や親が、子供に勉強好きになってほしくて、この本を読ませようと思う、というのはわかります。博士の数学に対する愛はとても崇高なものに思えたし、博士が語る数学の魅力や美しさには、一瞬(ほんの一瞬(笑))、私も数学って好きかも、と、思ってしまいましたから。でも、若い人には、「課題」だから無理やり読む、という読み方をして欲しくない本でした。感想を書くために読んだら、きっとこの本の魅力は、半減してしまうのでしょうから。
| あ行(小川洋子) | 20:37 | - | - |
| 1/1PAGES |