CATEGORIES
LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 流星の絆 東野圭吾
流星の絆流星の絆
東野 圭吾

講談社 2008-03-05

ドラマ化される前に読んではいたのですが、感想を書く前に、ドラマ化が発表されてしまい、だったらドラマ見てから感想を書こうかな、と思って時がたち、ドラマが終了してから3ヶ月もたった昨日、再読。

ドラマの話を聞いた時、やっぱり配役に激しく違和感があったんですよねー。功一は絶対に長身細身であって欲しかったので、ジャニーズのイメージじゃなかった。塚本高史とか成宮寛貴とかがイメージだなあって思ってました。それに、二宮和也が出るならぜひぜひ、泰輔をやって欲しかったんです。錦戸亮は好きですが。静奈も戸田ちゃんのイメージじゃあ可愛らしすぎるなあ、と、思いました。もっと美人系っていうか、猫顔のイメージだったんですよね。田中麗奈とか。

ところが、ドラマを見ている内にすっかり引き込まれ、もうそのキャラクターがしっかり私の中に根付いていて、今回再読した時は、イメージが全部ドラマで浮かんできました。まるで違和感がなかった。ドラマを見始めたときは、原作とイメージが全然違う!ってそればっかり感じていたんだけど、原作を再読してみたら、ドラマの脚本が、かなり原作に忠実であった事に驚きました。セリフの一字一句まで同じところが多い。

東野さんの作品が映像化されると、まったく別物になってしまう事が多いんですよね。そして、東野さんご本人も、それを楽しんでいると発言していらっしゃるので、私も、まったく別のものとして楽しむ事にしてるんです。「秘密」も「時生」も「白夜行」も、原作は小説として、そして、映像作品は映像作品として、お気に入りの作品です。でも、この「流星の絆」は、原作とドラマをセットで好き!って感じになりました。わたしには珍しいパターンです。

唯一ラストシーンはなあ。ドラマより、原作の持っている余韻のほうが好き、かも。戸神に説得されて静奈が出す結論とか、功一と泰輔が自首した後どんな量刑を与えられるのかとか、知らなくてもよかったなあ。
| は行(東野圭吾) | 12:26 | - | - |
▲ ダイイング・アイ 東野圭吾
ダイイング・アイダイイング・アイ
東野 圭吾

光文社 2007-11-20

記憶を一部喪失した雨村慎介は、自分が交通事故を起こした過去を知らされる。なぜ、そんな重要なことを忘れてしまったのだろう。事故の状況を調べる慎介だが、以前の自分が何を考えて行動していたのか、思い出せない。しかも、関係者が徐々に怪しい動きを見せ始める……。

俺をみつめるマネキンの眼。そいつは、確かに生きていた。
東野作品にしては、ちょっとつまんなかったかなあ。前半は良かったけど、後半だんだんだれてしまった感じ。私は、東野作品には期待しすぎているところがあるんですよね。好きな作品が多すぎるので。でも、冒頭の事故の描写、それからラストは印象的でした。生々しくてちょっと恐かったです。でもまあ、ホラーってほどではない。

小説としては少し期待外れでしたが、これ映像化したら面白いんじゃないかと思います。深夜に。

それにしても、どうして今ごろ単行本化されたんだろう?
| は行(東野圭吾) | 17:34 | - | - |
▲ 夜明けの街で 東野圭吾
夜明けの街で夜明けの街で
東野 圭吾

角川書店 2007-07

男って莫迦…。
女って恐い…。

という感想。

さすが東野圭吾作品だけあって、読みやすいし、構成もしっかりしていて、十分面白かったんですが…まあ、それだけ、っていう感じでした。

ミステリーというよりは、不倫小説でした。細かい事を考えなくても、犯人は途中でわかっちゃいました。動機まではさすがにわからなかったので、ラストまでしっかり楽しむことができましたけどね。

でも、不倫小説としては、薄いんですよねー。特に、主人公のキャラクターが、不倫小説の主人公としては、どうにも薄っぺらくて…。ごく一般的な妻子のある男性が、ずるずると久しぶりの恋愛にはまっていく過程は、なかなか自然に描かれていたと思うんですけど。それなのに、どうにもこの不倫に説得力がないのは、彼のキャラクターが薄いせいかな、と、思いました。もう少し彼が、中年の男性らしい魅力を持っていたり、くせのある人物だったりしたら、リアリティも、説得力もある小説になっただろうに、と思いました。

不倫の最中の彼の頭の中ったら、まるで中学生みたいに、恋愛のことでいっぱいなんだよね。普通、大人の頭の中っていうものは、もうちょっと、複雑なものでしょうよー。クリスマスイブだの、バレンタインだの、イベントごとに振り回され、シチュエーションに酔い、雰囲気に流され…という完全な「夢見る夢子ちゃん」なキャラクターで、若干ひきました。まあ、そんな彼だからこそ、ああいう展開で不倫をし、ああいう結末を迎えてしまうんでしょうけれど…。

東野圭吾作品は、読む前の期待度が高くていけませんね…。十分面白い本でも、つい辛口の感想になってしまいます。
 
| は行(東野圭吾) | 18:47 | - | - |
▲ 使命と魂のリミット 東野圭吾
使命と魂のリミット使命と魂のリミット
東野 圭吾

新潮社 2006-12-06

ネタバレ!

うん、面白かったと思います。評価▲ですけど、これは東野作品の中ではってことで。わたし、東野ファンなので、無駄に読む前の期待値が高いんですよ。だから、こんな評価ですが、ちゃんと面白い小説でした。それに、最終的に誰も悪い人がいない、という結末は、ご都合主義かもしれないけど個人的には好きです。

特に良かったのは、看護師の真瀬望と、犯人とのエピソードです。この2人のラストシーンにはちょっとウルっと来ました。白夜行とか幻夜に出てくる、何人もの可哀そうな女性たちを思い出しました。真瀬さんには幸せになって欲しいですねー。

主人公夕紀のエピソードも、面白かったと思います。ただ夕紀の母親の行動が、どうしても納得できないんですよねー。娘が、自分を誤解して苦しんでいるのに気が付いているなら、普通、何度も何度も、それが無理でも一度くらいは、事実を口で説明してみるものじゃありません?娘には一度も何も事実を話さず、婚約者を信じ彼と結託して娘の誤解が解けるのを待つ、だなんて、母親らしくない。こんなやり方じゃあ、夕紀の西園に対する誤解が解けても、母と娘の間の信頼関係は亀裂が入ったままだと思うし、この小説のようなあっさりハッピーエンドになるとは思えません。それから、途中、重要人物なのか?って感じで思わせぶりに出てきた西園の息子、なんのために出てきたんでしょうねえ?

2004年に書かれたそうですが…なんとなく、もっと古いような気がしました。時代が古いとか、ネタが古いとか、そういう事ではなく、最近の東野小説より、初期の東野小説の雰囲気があるように感じました。うまく言えないけど…。
| は行(東野圭吾) | 17:14 | - | - |
■ ちゃれんじ? 東野圭吾
ちゃれんじ?ちゃれんじ?
東野 圭吾

実業之日本社 2004-05

東野圭吾さんが、スノーボードにちゃれんじし、はまって熱く燃えている、情熱的なエッセイ集。わたしは、中学生からスキーをやっていたんだけど、最低限の技術を身につけ、一緒にいった仲間に大きな迷惑をかけないで楽しめるようになるまでに、何年もかかったほどの運動音痴です。スキー場の冷たい空気が好きで、雪山の景色が好きで、スキーのあとの温泉が好きで、でもスキー自体がそんなに好きかどうか、というと、微妙、でした。

だからわたしが20代のころに、スキー人口と、スノーボード人口は逆転したようだったけれど、スノーボードにチャレンジする気力などすっかりなくしていました。だってそもそも運動は苦手な上に、いい年だし〜、スキーだって上手いとは口が裂けても言えないし〜、身の程知らずにもスノボーなんかに手を出したら、大怪我をして、将来後悔するに違いない!と思ったのです。

でも、東野さんは私よりもっと年上になってからスノボーを初め、練習に練習を重ねて、人に教えることができるまでに熟達してるんです。すごい!それ以外にも、「病院」だと思ってジムに通い続ける、という、私を含めて多くの人がなしえない偉業をなしとげていらっしゃいます。すごい!私も、健康のために見習わなくちゃ!

1番印象的だったのは、カーリングを体験して、大怪我を負ってしまった時の文章。誰に責任転嫁するわけでもなく、立派な大人っぽい対応をしていて、スポーツを愛する気持ちが伝わってきて、好感度大です。ますますファンになっちゃいます。
| は行(東野圭吾) | 03:37 | - | - |
■ さいえんす? 東野圭吾
さいえんす?さいえんす?
東野 圭吾

角川書店 2005-12

東野さんの意外に真面目で、社会人としてまっとうな感じのエッセイ集。意外に、と言っては失礼なのでしょうけれど・・・。背表紙の内容紹介にも‘俗物作家ヒガシノ’なんて書かれていますが、そういうイメージをご本人も出版社も演出してきたんだろうし、素直なファンのわたしは、それを素直に信じていたので、やっぱり意外でした。自分の事は棚にあげて、東野さんももう若くないんだな、などと思ったりして。(ますます失礼・・・。)

もちろん、どんなに真面目なことや、難しそうなことを書いた文章でも、読みやすいものになっています。楽しいエッセイ集でした。そこらへんが計算しつくされた感じは、さすが東野さんです。
| は行(東野圭吾) | 18:53 | - | - |
▲ 同級生 東野圭吾
同級生同級生
東野 圭吾

祥伝社 1993-02

野球部員の荘一は、マネージャーの由紀子と付き合っていましたが、彼女は荘一の子供を身ごもったまま事故死しました。荘一はその事故の情報を集めるうちに、教師の1人が関係していたことを突き止めます。しかし、その教師が殺害され、荘一は殺人の疑いをかけられてしまいました。

東野さんの学園(高校)小説は、デビュー作の『放課後』に続いてこれが2作目。『放課後』に比べるとネタや小技が減ったというか、充実感がないなあと、思いました。無駄がなくなったという事だから、良くなったっていうことなんだとも思います。でも、無理矢理引き伸ばした感があって、ちょっと冗長な気がしないでもありませんでした。

そんなわけで、▲評価なのですが、これは東野さんの作品軍の中では、比較的高くない評価だという意味です。東野さんの作品には、もっと読み応えのある作品がたくさんあるので、それらに比べると、評価が低くなってしまいます。普通に面白い学園推理小説なんですけど。
| は行(東野圭吾) | 21:03 | - | - |
■ おれは非情勤 東野圭吾
おれは非情勤おれは非情勤
東野 圭吾

集英社 2003-05

本当はミステリィ作家になりたくて、そのために非情勤講師をしているだけの、子供に対しては冷めたふりをしている先生が探偵役の、ミステリィ短編集。クールなふりをしているのに、実はけっこう熱血教師で、子供と正面から向き合って、本当のことを教えようとしているのが可愛いです。

これ、ジュブナイルなんですよねー。もともとはすべて、小学生向けの雑誌に掲載された短編なのですから。でも、大人も楽しめる、というより、言われなければ子供向けだったとは感じないと思います。なにせ、おこる事件も明らかになる動機もけっこう生々しく、子供むけのイメージがありません。でも、2年にわたって連載されていたんですから、子供にも人気があったんでしょうね。当時小学生で、雑誌でこれを読んでいて、東野ファンになった人、きっといるんでしょうね。うらやましー。

しいて子供向けを感じる部分をあげるとすれば、謎解き。どうせ謎解きなんて出来ないので、自分で謎を解いてやろうなんて、普段は全然思わない私でも、ちょっと自分で考えてみようかと、思わせてくれるような、パズル的な謎ばかり。いくつかは解けたので、嬉しくなってしまいました。

・6×3
・1/64
・10×5+5+1
・ウラコン
・ムトタト
・カミノミズ

・放火魔をさがせ
・幽霊からの電話
| は行(東野圭吾) | 17:38 | - | - |
■ 虹を操る少年 東野圭吾
虹を操る少年虹を操る少年
東野 圭吾

講談社 1997-07

子供の頃から、あらゆる面で、天才だった光瑠。特に、光や色など、視覚情報に非常に敏感で、通常の人には見分けられないような色の違いを見分け、他の人には見えないほどの、小さな星を見ることができました。高校生になった光瑠は、自作の機械で光を演奏する「光楽」によって、人々にメッセージを送るようになり、それに感応した若者たちが、彼の周囲に集まるようになります。しかし、「光楽」が金になる、と、目をつけた大人たちの搾取が待っていました。光瑠の運命は?「光楽」の真実とは?

再読。面白かったです。東野さんが最近書いておられないファンタジーです。文庫の裏表紙には、長編ミステリィと書かれているのですが、どこがミステリィなのか、さっぱりわからない・・・。ジャンルをつけるとすれば、これは、ファンタジーでしょう。SFとも言えるかもしれないし、100歩ゆずれば、サスペンスでもある。でも、ミステリィはないよなあ〜。

初めて読んだとき、「龍は眠る」宮部みゆき と比べてしまったのを覚えています。「龍は眠る」は、あくまでもサイキック少年二人の個人的な苦悩と孤独を描いた本ですが、この「虹を操る少年」は、物語が、もっと広い世界や、未来への広がりを見せて終っています。どちらが好きかは、好みの問題でしょう。

「龍は眠る」のサイキックは「人の心が読める」「声を出さずにメッセージを送れる」という定番のものですが、心情描写がしっかりしていて、いわゆる「人間が描けている」、読み応えのある小説で、泣けました。ミステリィとしての物語の骨格もしっかりしていて、展開にも意外性があり、さすが、宮部さんの出世作です。(と、今読んでも思えるのか、ぜひ「龍は眠る」を再読したくなってしまいました・・・。)

「虹を操る少年」のほうは、「光楽」のアイデアがすごく面白くて、本物をぜひ見たいと思わせてくれました。でも、そこだけで勝負してしまって、もったいないなあと思いました。光瑠があまりに超然としすぎていて、読者からの距離が遠いんです。集まってくる若者たちの人物描写も、ちょと物足りなくて、異常に光瑠と「光楽」を慕う彼らにも、あんまり共感できない。もっと光瑠の心情描写がしっかりあって、彼が孤独に苦しんでいたり、誰かを愛していたり、悩んだり苦しんだりしてくれていたら、もっと萌えたと思うんですけど(笑)。

初版は1994年。文庫落ちが1997年。文庫版についている、井上夢人さんの解説が面白いです。東野さんは「ユニット方式」で小説を書いておられるそうなのですが、その「ユニット方式」というのが驚愕なのです。どちらにしろ古くて図書館ですぐ借りられるので、それなら文庫版がオススメ。
| は行(東野圭吾) | 12:52 | - | - |
■ 夢はトリノをかけめぐる 東野圭吾
夢はトリノをかけめぐる夢はトリノをかけめぐる
東野 圭吾

光文社 2006-05-20

これはまあ、あたりまえですけど、刊行と同時に購入して、旬のうちに読むべき本でした。もう、トリノオリンピックの記憶は、それなりにウィンタースポーツのファンである私の中でも、かなり薄れつつあります。

でも、この本は、東野さんのウィンタースポーツ(特にスキージャンプ)への愛が溢れていて、面白かったです。中心になっているのはトリノ五輪の観戦記なんですけど、そっちはあんまり面白いとは言えなくて・・・。それよりも、その前の取材記録や、うんちくがとても興味深かったです。東野さんの愛がヒシヒシ伝わってきて、微笑ましい。それに、どうしてそんなにスキージャンプを愛してるのか、それが気になります。

東野さんも言っておられるように、日本はアジアでは珍しく、スケートも、ソリも、スキーも、スノボも、そこそこのところまでは行っている国。欧州勢がいくら日本をつぶしにかかろうとも、日本にだって冬があり、その冬を乗り切るために発達した文化があり、雪と氷を相手に戦ってきた歴史がある。もっと、ウィンタースポーツの選手の練習環境がと整うといいと思います。おおげさですが、日本国民の、なけなしのプライドのために、ね。

それにしても、やけにトイレの質の悪さについてしつこく書いてありました。あれが本当なら、絶対、オリンピックの観戦なんてしたくありません。テレビで十分です。もし、次に日本で五輪が開催されるときは、「絶対に大量の美しいトイレを!」と、思いました。世界に恥をさらしたくはありません。
| は行(東野圭吾) | 15:04 | - | - |
| 1/5PAGES | >>